特定調停で債務整理手続き

お金をかけずに債務整理をしたい!

握手でお出迎え借金の返済に困っていても、法律事務所に債務整理の依頼をするとなると多額の費用がかかってしまいます。
とくに3社も4社も金融機関からお金を借りている多重債務者となると、弁護士費用は1社いくらと基本料金が決まっており、そこからさらに他の会社も整理するには追加料金がかかっていきます。
この状況を解決する方法はないでしょうか?
実はお金をかけずにこの手の債務整理をする手続きがあります。
それが特定調停です。

特定調停は債務者本人が手続きできる

個人で簡易裁判所に申し立てることで法律事務所に依頼することなく債務整理をすることができます。
特定調停では、任意整理と同様に債権者である金融機関からこれまでの取引履歴を全部開示してもらいます。
そして借金を契約開始にさかのぼって利息制限法の上限金利に引き直して再計算します。
引き直して計算することにより払いすぎていた利息分がありますので、それで借金を減額させることができます。
それを分割で返済していく手続きです。

特定調停を行うには条件がある

特定調停は誰でもできる手続きではなく、3年以内で完済ができるかどうかがポイントとなってきます。
また継続的な収入があることが条件となります。

特定調停のメリット

特定調停のメリットとしては、やはり借金が減額されることにあります。
特に取引期間の長い方には有利な手続きになります。
それと安価で手続きを行うことができます。

特定調停のデメリット

デメリットとしては、法律の知識は必要はないのですが手続きが面倒であるということです。
債権者との話し合いのために簡易裁判所へ出廷が必要となります。
書類も自分で作成して準備をします。
また、裁判所への出廷は平日ですので日中仕事の方は会社から休みをもらわなければならないです。
時間に都合のつく方であれば特定調停は向いています。
どうしてもあまり費用をかけずに借金の整理をしたい方に向いている手続きです。