債務整理弁護士への依頼費用の相場は20万円~30万円

債務整理費用の相場はいくらくらいなのでしょうか

契約合意の握手債務整理費用は、大体いくらくらいかかるものなのでしょうか。これは方法にもよります。任意整理の場合は通常20万円から25万円、自己破産の場合は25万円から30万円程度が相場です。もちろん事務所によって多少の違いがあり、着手金を受け取らないという所もありますし、本来は相談料が必要な弁護士事務所でも、相談料を受け取らない弁護士もいます。
ですから、まず弁護士や司法書士に相談してみるのがいいでしょう。
ちなみに司法書士の場合は、対象となる金額が140万円までの場合に限られます。

自分で行う特定調停は1万円以内で済みますが現実的には難しいかも

それから特定調停という方法もあります。この場合は自分で裁判所に申し立てをするので、任意整理や自己破産ほどには費用が掛かりません。書類や印紙などのお金を含めても、場合によっては数千円程度で済むこともあります。
ただこの場合は、自分で申し立てを行うため、弁護士や司法書士からの受任通知というものがありません。そのため、申し立て後も督促の電話がかかることがありますし、また、調停のため定期的に裁判所に行く必要があります。

お金がなければ法テラスの利用がおすすめ

しかし債務整理というのは、あまりお金がない状態で行うことも多く、弁護士や司法書士に依頼したいけど、その費用がなかなか出せないというケースももちろんあります。そのような時には、法テラスを利用するのがお勧めです。
法テラスは、収入額が一定の基準以下の人の場合は、無料相談が可能ですし、弁護士や司法書士の費用を、一時的にですが負担してくれます。この、費用を扶負担する制度を民事法律扶助といいます。ですから、無料で相談と依頼ができるわけです。もちろん一時的な負担ですので、後で分割返済することになりますが、まとまったお金を出しにくい場合はとても助かります。