借金をゼロにする債務整理

債務整理とは何か?

ガッチリ握手自己破産の債務整理手続きとは、簡単にいうと借金をゼロにする手続きになります。
借金をゼロにする、つまり借金の返済をしなくてもよくなることです。
借金がゼロになるのであれば、借金の返済で悩んでいるすべての方がこの手続きをすれば督促から逃れられるということになりますが、それはある意味で現代の徳政令となってしまいます。
そのため厳密に運用が定められており、まずは支払い不能の認めてもらうことが必要になります。

支払い不能の認定とは?

支払い不能認定は下記の要件を裁判所に認めてもらうことをいいます。

  • 支払時期が到来していても継続してすべての借金の返済ができない状態になっている
  • 財産を処分したとしても借金の返済が難しい
  • 将来の収入からでも到底継続しての支払いが困難である

そして自己破産の債務整理の手続きをすると、免責といって借金の支払いをする義務が法的になくなる制度です。

債務整理手続きのメリット

自己破産をするメリットですが、毎月の収入から借金の返済にあてるお金が消えます。
つまり、そのお金はそのまま自分のものになります。
ある意味で自由に使っていいことになります。
借金の返済をしなければならないという金銭的な負担や金融機関からの毎日の督促が止まりますので、精神的な負担も軽減することができます。

債務整理のデメリット

ただし、デメリットもあることを十分に理解しなければならないです。
まず20万円を超える財産は原則として処分されてしまいます。
ただし、生活に必要な財産は処分されずにすみます。
そして信用情報機関に自己破産した事実が登録されます。
5年から7年は新たにローンを組むことや携帯電話の契約、部屋を借りる時の保証会社の利用、クレジットカードの作成は難しくなります。
官報にも掲載されます。
ただし、住民票や戸籍に自己破産した事実が登録されることはありませんが、自己破産の手続き中は海外への渡航や一定の職業に就くことができないデメリットがあります。